5万円

2013年現在では副業ビジネスとしてアフィリエイトは非常に人気があります。

 

理由はホームページやブログを作成するだけですので、リスクや費用がほとんど必要ないと言うことです。

 

また、アフィリエイトはインターネット内の自動販売機のような仕組みですので、寝ている時も遊んでいる時でも報酬が発生する仕組みになっています。

 

独自ドメインやサーバーを借りても月に数百円程度で始めることができるので、20代、30代、40代、50代など幅広い世代がサイドビジネスとしての魅力を感じています。

 

最近ではアフィリエイトで成功した人がテレビ露出をするようになり、認知度が高くなってきた産業でもあります。

 

しかし、実は年収1億円以上稼ぐアフィリエイターがいる中、1万円以上稼げるのは極一部である調査によれば全体の3%未満しか1万円以上稼げていない現実です。

 

更に5万円以上になると、1%未満とも言われています。実はアフィリエイトはリスクが少ない分、稼ぐのが難しいのです。

 

稼ぐのが難しいと言っても、実際に数百万円単位で稼いでいる人はたくさんいますので、テクニックや方法によっては誰でも稼ぐことは可能だと思います。

 

5万円以上稼げない人の特徴を見てみましょう。

 

  1. 稼げない分野でサイトを作成している
  2.  

  3. 稼げない商品広告を貼っている
  4.  

  5. アフィリエイトに費やす時間が1日2時間以内
  6.  

  7. サイトのカテゴリ数が50以下
  8.  

  9. SEO対策を意識していない
  10.  

  11. 3ヶ月以内にアフィリエイトサイトの更新を辞めてしまった

 

上記の内1つでも当てはまる場合は5万円以上稼ぐのは難しいと考えてください。

 

5万円以上稼ぐために重要な注意点は下記の通りになります。

 

まず、稼げない理由1つ目はアフィリエイトには稼ぎやすい分野と稼ぎにくい分野があります。これを見極めることができないといくらアクセス数100~200以上超えてもなかなか稼ぐことはできません。

 

一般的に稼げる分野に当てはまるのは人間の欲求を満たす分野です。例えば金銭欲(副業、株式、FX、アフィリエイト)などが当てはまります。

 

その他では社会的欲求を満たすための転職、資格取得、語学力なども比較的稼げる分野に入ると思います。

 

しかし、皆が知っている稼げる分野はライバルが多く、検索エンジンで上位表示されるのは難しいです。そのため皆が気が付いていない稼げる分野を見つけることがポイントです。

 

2つ目はアフィリエイトに対して費やした時間です。やはり稼ぐためには当然最初は努力する必要があります。

 

できれば毎日3時間以上アフィリエイトする時間を設けておきたいところです。

 

3つ目はサイトのカテゴリページ数です。サイトを兎に角量産しようという考えの人に多いのが、ページ数が少ない薄っぺらいサイトを作ることです。

 

アフィリエイトで稼ぐためにサイトを複数作成するのは大切なことですが、やり方を間違えてしまうと、稼げない無駄なサイトを大量に作ってしまうことになります。

 

最低でも50ページは更新することをおすすめします。

 

4つ目は更新をすぐに辞めてしまった結果サイトが成長する前に可能性を潰してしまうことです。

 

アフィリエイトサイトは作ってすぐに検索結果で上位表示させるのは難しいです。スモールキーワードであれば3ヶ月程度でも可能ですが、ビックキーワードで上位を狙う場合は1年単位に戦略が必要になります。

 

最低でもアフィリエイトは3ヶ月続けてから諦めることをおすすめします。