グーグルアドセンスは儲かるの?

グーグルアドセンスは十分稼げます。本人の努力次第で月に10万円以上稼ぐことだって不可能ではありません。

 

しかし、多くの人はアドセンスで1万円どころか、1000円すら稼げていません。

 

5,000円稼げばすごいと言われているグーグルアドセンスの世界で1万円稼ぐ方法を紹介します。

 

ページプレビュー

 

アドセンスで稼ぎたいのであれば、ページプレビューをできるだけ増やすことです。

 

ページプレビューとは簡単に説明すると、訪問者のページをめくった回数と考えると分かりやすいと思います。

 

1万円稼ぐために必要な1ヶ月のページプレビューは個人差もありますが、3万~5万程度です。

 

これ以上必要な場合もあれば、これ以下で月に1万円稼げる可能性もありますので、目安程度にとどめておいてください。

 

CTR

 

グーグルアドセンスで稼ぐために重要なのはページプレビューとクリック数で算出されるCTRです。

 

これはサイトの作りによって大きく変動してくる数値です。

 

私はアドセンスを貼っているサイトをいくつか所有していますが、CTR3%以上のサイトのあれば、0.5%以上のサイトもあります。

 

CTRの高い分野

 

私の所有しているサイトで調査した結果は下記の通りです。

 

ページCTRの高い分野は株式投資・投資信託・FX(外国為替証拠金取引)、クレジットカードなど金融・投資系分野です。

 

逆にページCTRの低い分野は資格系サイト、冠婚葬祭サイト、アフィリエイトサイト、副業サイトなどでした。

 

金融・投資分野がCTRが高くなる理由として考えられるのは広告数の多さです。

 

イメージ広告の場合は効果実感しにくいですが、複数表示されるテキスト広告の場合、関連広告が多いことで、ユーザーに興味のあるアドセンスが表示される確率が上がります。

 

必然的にクリックの確率が上がりCTRが高くなる訳です。

 

逆にアフィリエイトや副業系サイトがCTRが低い理由として考えられるのは、ユーザーのほとんどがアフィリエイトの知識を持っていて、広告がアドセンスであることを知っている確率が高いので、サイト管理人に利益を与えないようにする人が多いことだと思います。

 

基本的にはアフィリエイトや関連した副業系サイトがアドセンスで稼ぐ(儲ける)のは難しいと思います。

 

CPCは分野によって異なる

 

CPCとは1クリック当たりの単価のことです。

 

アドセンスのクリック単価は競争入札によって決定するため、日や広告の種類によって報酬が異なります。

 

多い時は1回のクリックで500円以上稼げる時もあれば、少ない時は1クリック5円の場合もあります。

 

平均すると30円~50円が一般的だと思います。

 

クリック単価の高い分野

 

入札でクリック報酬が決定するため、広告を出したい会社が多い激戦区分野は当然単価が高くなります。

 

例えば、転職、保険、投資、クレジットカード、ローン貸付などは競争率が高いのでクリック単価が高い傾向があります。