サイトを作ろう

自分の勉強したいテーマでサイトを作る

 

はじめてサイトを作る時にテーマや分野を決めるのに悩むと思います。

 

自分の詳しい分野でサイトを作ることが理想ですが、全く知識無い分野でサイトを作っても問題ありません。

 

例えば興味があって勉強したいと思っている分野でもいいのです。

 

私の場合ですと、冠婚葬祭の詳しい知識を身に着けたいと思い、地域の図書館で10冊以上借りて勉強しました。

 

もちろん書籍に書いていることをそのまま載せると著作権の問題を問われますので、絶対に自分のサイトに載せてはいけません。

 

実際に10冊程度の関連の本を読めば、自分の言葉でサイトを作ることができました。

 

自分の勉強にもなりますし、稼げるサイトになれば一石二鳥です。

 

あえて興味無い分野でサイトを作る

 

ある分野に詳しい人の特徴として、強い固定観念や感情を持っていることが多いです。

 

そのため、新しい視点でサイトを作ることができないデメリットが生まれます。

 

例えば、運動しないでダイエットに成功した人はダイエットに運動をする必要はないと考えるでしょう。

 

そうなると「ダイエット器具」などはおすすめできないはずです。

 

逆に食事制限をしないで運動だけでダイエットに成功した人はたくさん食べてもダイエットすることはできると考えます。

 

この場合ですと、ダイエット食品はあまりおすすめしたくないはずです。

 

ダイエットをしたことのない人の方が自分の強い理念も無く、ユーザーのためにサイトが作れることもあるのです。

 

現在進行形の体験サイトを作る

 

例えば、「3ヶ月で宅建合格を目指す」などのタイトルで、自分の勉強した内容や効率良く勉強する方法など独自のノウハウをブログなどで毎日更新していくというものです。

 

3ヶ月間毎日ブログを更新すれば、記事数も100近くになりますし、サイトの訪問者が増えれば不合格になる訳にはいかないと考えるでしょう。

 

勉強の意欲も上がると思いますし、自分の勉強法を客観的に見ることもできます。

 

これは資格や受験だけではありません。自分のダイエットの進行状況でもなんでもいいのです。

 

自分の今やっていることを記事にするということも大切です。

 

しかし、注意が必要なことがあります。アフィリエイトをするサイトはあくまでユーザーの知りたい情報を提供する必要があります。

 

宅建のサイトなのに友達と旅行に行った時の記事を載せても、ユーザーにメリットはありません。

 

アフィリエイトの始め方へ進む

 

アフリエイトの稼げる分野へ戻る